肝斑の原因

肝斑とは

シミの種類というのは、いろいろあります。

その中でも肝斑というシミ。

シミは紫外線が原因というのがほとんどでもありますが、肝斑の場合は紫外線が原因とは言いきれないのです。

顔の頬骨に沿り左右対称に現れているのが特徴とされている肝斑は、薄い褐色色で輪郭がはっきりとせず広い範囲に広がっているシミの事を、主に肝斑と言われており、30代から40代以上の女性に多くみられます。

妊娠や経口避妊薬の服用をきっかけにできることもあり、肝斑の発症には女性ホルモンが何らかのかかわりが影響していると考えられています。

閉経と共に、薄くなったり消えたりするとされていますが、60代以降ではほとんど肝斑は発症しません。

肝斑は、ホルモンの影響を受けているとは言え、紫外線対策を怠らないようにすることは大切です。

他のシミ予防のためにも、しっかりと紫外線対策を行う事は大切であり、肝斑も紫外線を浴びることにより悪化していく可能性もあります。

ですので、通年を通しての紫外線対策はお肌のためにとても重要となります。

肝斑には「内側と外側」からのケアが有効

年齢を重ねるごとに、シミやくすみが気になるという事はありませんか?

「自分の素肌って顔色が悪い?」と思った事はありませんか?

顔色が悪いと考えられる原因は、低血圧や肝臓や腎臓などの病気などがありますが、実は両頬に広がる肝斑が原因という事もあります。

また、肝斑が出来る原因としてストレスもその要因と言われています。

メラノサイトは紫外線やホルモンの影響を受けてメラニンを作り出します。

そのホルモンの分泌に関わってくるのがストレスによる疲労や睡眠不足、による不規則な生活です。

まずは、肌ケアと共にストレスを解消する方法も行いましょう。

あるアンケートによると、20代から50代までの、女性の肌悩みでもあるシミで「肝斑」と答えている人が3人に1人の割合で悩んでいるという統計があります。

肝斑が気になるという方は、市販などでも販売されている内服薬もありますので、美白化粧品と併用して使う事により効果がでる可能性は大きいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です