唇のシミを除去する方法

レーザー治療でシミを除去

女性にとって、お化粧をするうえで重点を置く部位に唇があります。

顔全体の印象を変える場合は、眉の形。

健康さや、魅力的な印象を作り出す唇。

日頃、紫外線対策は気を付けていてもいつの間にか出来てしまったシミ。

最近、顔の中でも唇にシミが出来てしまったという女性が増えてきているのです。

口紅などで隠せるのであれば良いのですが、隠しきれない、シミが増えてきたなどの悩みを持っている方も多いです。

唇にシミが出来てしまった場合は、泥パックを継続的に使ったり、ホホバオイルなども効果的と言われています。

ですが、早くどうにかしたい!という場合はレーザー治療が最も早いかもしれません。

美容外科や、美容皮膚科などでおこなわれているレーザー治療などは、唇のシミにピンポイントで照射し、シミを除去するという方法です。

Qスイッチルビーレーザーを主に使っている美容外科や、美容皮膚科は多いみたいですね。

照射後しばらくの間、その箇所は白くふやけたような状態になり約1~2週間程度で治ります。

シミが気になる方はまずは皮膚科での受診がオススメ

通常の肌のターンオーバーが28日なのに対して、唇は3~5日という早いサイクルですので治りも早いと言われています。

この、ルビーレーザーは正常組織への損傷が少なく、傷跡を残さずにメラニン組織の身を治療し、効果的にシミや痣などの治療が安全に出来るとされています。

効果的に皮膚内の、メラニン色素を破壊することに優れている医療機器です。

他に、メスによる除去と液体窒素による治療法があります。

メスによる除去方法は、特殊なメスを使い唇のシミの部分の皮膚を切り取るという方法で、再発のリスクも少ないと言われています。

液体窒素は、イボなどを取り除く時に使われる低温焼却による方法で、綿棒などに液体窒素をつけて唇のシミに押し付けるという除去法です。

一瞬痛みを伴い、治療後も食べる時にも痛みを伴います。

この、液体窒素とメスによる除去は皮膚科での治療法とされています。

これらのように、シミの除去方法などは何種類かありますが、まずは来院する前に電話などでシミの除去方法や金額などを聞いてみるのが良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です