唇のシミの原因

ほくろのように見えるシミ

女性の肌の悩みとして、トップの部類にあげられるシミ。

そのシミの中でも、最近では唇のシミで悩んでいるという女性も多いのです。

肌のシミ対策は、とてもこまめに行ってはいるけれども唇のシミ対策ってしている方はいますか?

唇も、他の肌と同じ皮膚の一部であります。

ですが唇の場合、皮脂を分泌する皮脂腺ががなく、唇表面が皮脂膜で覆われていないためバリア機能が弱く外部からの刺激を受けやすい部分でもあります。

ですので他の肌と同様また、それ以上に紫外線の影響を受けやすいとも言えます。

唇のシミの原因とされるものに、口紅やリップなどのメイクが落としきれずに残ってしまいその成分が紫外線により色素沈着を起こしてしまうという事があります。

最近では、落ちない口紅や色持ちの良い口紅などが販売されていますが、それらを使用した後はクレンジング時にしっかりと落とさないと唇のシワやふちなどに残ってしまっているということもあります。

唇のシミは、一見ほくろのように見えたりくすんでしまったりしてしまうと、口紅やリップなどを塗っても発色が悪くなってしまったりしてしまいます。

また、人と話す時など唇は視線が行く場所でもあり、話していても相手の視線が気になってしまうということもあります。

唇のシミ対策

このようにシミになる前に、予防をすることは大切です。

唇のシミ対策として、

・ 唇のクレンジングをしっかりと行う

・ 唇専用のパックや美容液などを行う

・ メイク時にはUVカット効果のあるリップを塗ってから口紅を塗る

など、普段できる唇ケアで予防し、シミを作らないようにしていくことは大切です。

例えば、ランチなどで外出した場合食後のメイク直しはお店でしますか?それとも会社に戻ってしますか?

食後は気を付けていても口紅はとれてしまいます。

口紅に含まれている油分により、紫外線に反応したり酸化してしまったりしてシミの原因となってしまうのです。

ですので、軽くリップなどを塗る程度のお化粧直しをしてお店を出るのも、唇のシミ対策となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です