老人性色素班とは

老人性色素班ができる部位

私たちの肌に出来るシミ。

一言にシミと言っても、実は何タイプかの特徴をシミは持っています。

タイプ別により、シミの解消法も違ってきます。

ここではまず、老人性色素班について詳しくご説明していきたいと思います。

老人性色素班ができやすい部位

・ 顔
・ 手の甲
・ デコルテ
・ 頬骨

日光をあびやすい所(露出部)に、できるとされています。

手の甲や、頬骨の高い部分などに茶色くて輪郭のはっきりとしたシミはありませんか?

私たちが通常言っているシミは、この老人性色素班のシミが多くあてはまると言われています。

40代や50代の中高年に多くみられる、老人性色素班のシミは皮膚老化が原因とも考えられています。

ターンオーバーが乱れるとシミができる

ですが、一般的に日焼けなどの積み重ねによってできるシミとも言われおり、紫外線をあびたのが蓄積されて出てくるシミでもあります。

若いうちは、シミなどが出てくることはそうありませんが、30代を過ぎてくると皮膚の老化が始まります。

夏などに日焼けをした肌は黒くなっています。

それは、紫外線が皮膚の真皮まで届いて細胞を傷つけないように、メラニン細胞が活性化するために、皮膚の色が黒くなります。

ですが、秋になるころに肌が元の色に戻っているのは、皮膚のターンオーバーによりメラニン色素が排出されて、元の肌色に戻るのです。

肌のターンオーバーを繰り返すことにより、メラノサイトで作られたメラニン色素が、肌表面に出てきて剥がれ落ちていくのです。

しかし、このターンオーバーが乱れてしまい剥がれ落ちるはずのメラニンが残ってしまう事によりシミの原因となります。

年齢を重ねるごとに、肌のターンオーバー周期も乱れてきますので、日頃の紫外線対策また、食べ物によるシミ対策などを心がけるようにすることは大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です